梅屋敷さわもとクリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田2-7-17
TEL:03-6428-6658

梅屋敷さわもとクリニック

MENU

咳が長引く患者様へ

当院は予約制ではありませんが、以下の症状に該当する方は、
必ず電話で事前に予約してからご来院ください。

ご予約が必要な患者様

  1. 呼吸が苦しい方
  2. 咳のために夜間眠れない方
  3. 痰が多い方(1日の痰の量がおちょこ1杯以上の方)

なお、予約なしで来られた方は、混雑状況により後日の診察とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

×

院長ブログ

Blog

咳が止まった!!

咳のためにいくつかの病院を転々として最後に当院を受診される方がいらっしゃいます。
その中には、吸入ステロイドの使用にもかかわらず軽快しない方もいます。そのような方は、不幸にも副作用の強い経口ステロイドを処方されたり、高額な生物製剤を使用されていた方もいました。最近来院された方は、専門医の下で数年間さまざまな抗喘息薬の使用にもかかわらず、毎晩咳に悩まされていました。
従来なら...

気道過敏性とは?

冷たい空気、ラーメンの湯気、お風呂の湯気、長電話、笑った時、人混み、香水の香りで咳が出る人は、気道が過敏なのかもしれません。
気道過敏性とは、私たちの皮膚は、各々によって過敏な人とそうでない人がいるように、気道(空気の通り道)も気道過敏性がある人とない人が存在します。気道が過敏な人は、気道に炎症(赤く腫れあがること)があり、さまざまな刺激(気温差、冷気、会話などの空気の出入り、臭い)に...

のどがイガイガする咳の原因は?

咳で来院される方の中で、のどがイガイガして咳が出ると言われる患者さんが多く見られます(特に女性)。
教科書的には、このような方のセキは、アトピー咳嗽であると述べられています。アトピーと言うと、皮膚のアトピー性皮膚炎を想像しますが、皮膚の病気とは全く別の病気で、ヒスタミンH1受容体拮抗薬が著効します。アトピー咳嗽もそうですが、その他の咳嗽と同様に合併症(咳喘息、アレルギー性鼻炎など)があ...

NOについて

当院の初診患者の9割は、咳嗽(セキ)で困っている患者さんです。
難治性の方もいらっしゃいますが、問診表の内容に力を入れているため、問診表記載の段階である程度疾患が絞ることが可能ですが、そうでない場合もあり、様々な思考をめぐらす必要があります。大切なことは、医師だけが診断に納得しても、肝心の患者さんが納得しなければ、わざわざネットで調べて受診して頂いた意味がないと思っています。咳嗽は、発...

咳を止めるには?

咳を止めるには、咳の原因を究明することが重要です。咳の原因の大半は、呼吸器疾患です。代表的には気管支喘息、呼吸器感染症、肺癌、慢性閉塞性肺疾患ですが、その他の呼吸器疾患でも出ます。中でも危険なのは、肺塞栓症、気胸なのではないでしょうか。この疾患で咳が主訴とは思いもつかないのですが、まれに咳を主訴として来院することがあり、注意が必要です。
呼吸器専門医にとっては、呼吸器疾患を鑑別すること...

減りました!

気管支喘息の患者さんは、減りました。ではなくて、重症の気管支喘息の患者さんは、減りましたです。
かつて私が研修医のころ(約30年前)は、病棟には数人の重症の気管支喘息の患者さんが入院し、中には人工呼吸器をつけている方もいました。更に、入院はしないまでも、外来には、その異常に分厚いカルテの中身を覗くと、盆と正月を除いてほぼ毎日点滴を受けに来る方、出勤前にわざわざ点滴を受けに来るサラリーマ...

咳嗽(セキ)について…

咳嗽(セキ)について呼吸器内科を受診される方の大半は、咳嗽を訴えます。
咳嗽の原因は、さまざまですが、今回は、アレルギー疾患以外の原因についてお話をします。最初は、呼吸器感染症についてです。
代表的な疾患は、マイコプラズマと百日咳です。マイコプラズマ感染症は、肺炎の形もとりますが、気管支炎の形もとるためレントゲンでは写りません。百日咳については、小児の疾患と思われがちですが...

気管支喘息と咳喘息は同じですか?…

気管支喘息と咳喘息は同じですか?
答えは、NOです。
時々セキで受診される患者さんから、咳喘息と気管支喘息の違いはなんでしょうか?と質問を受けることがあります。その際は、呼気時(息を吐き出す時)に喘鳴がある方が気管支喘息ですと説明します。(咳喘息は、呼吸音は正常です)しかし、この喘鳴という医学用語がなかなか曲者で、正確に回答して頂ける患者さんは少なく、痰を出そうとする時とか...

本当にそうなんですか?…

本当にそうなんですか?当診療所は、呼吸器、アレルギーが専門ですので、必然的に初診の方の多くは呼吸器疾患です。
その中でも、慢性のセキで困っている患者様は多く、他の医療機関で咳喘息と診断された方の中でお話をよく伺うと、咳喘息ではなくただの風邪が長引いただけというケースも以外と少なくはありません。そして漠然と吸入ステロイドを使用されているのが現状です。しかし、咳喘息なら吸入ステロイドをある...

早めの受診をお願いします。…

早めの受診をお願いします。前回の投稿で、気管支喘息は、診断が難しい疾患であることを述べさせていただきました。
今日来られた患者さんは、専門医が診察すればすぐに診断することができた方でしたが、長い間診断がつかずにクリニックを転々とされてきました。その理由の一つとしては、自覚症状が乏しかったということがあげられます。このような方は、時々見られるのですが、長年の発作のために自分自身の体が慣れ...
1 2 3 4