梅屋敷さわもとクリニック

当院は予約制ではありませんが、長引く咳でお困りの方は、必ず電話での事前予約をお願い申し上げます。

〒144-0052 東京都大田区蒲田2-7-17
TEL:03-6428-6658

梅屋敷さわもとクリニック

MENU

院長ブログ

Blog

気管支喘息の治療について

気管支喘息の治療で大切なことは、喘息症状を引き起こす原因物質をご自身から遠ざけることですが、可能なものと不可能なものがあります。
1. 可能なもの   アレルゲン(動物の毛、ハウスダスト、花粉、食物、カビなど)
2. 不可能なもの  天気(気圧、気温)、黄砂、大気汚染。 それ以外は、薬物療法になります。薬物は、長期管理薬(コントローラー)と発作治療薬(レリーバー)に分けら...

減りました!

気管支喘息の患者さんは、減りました。ではなくて、重症の気管支喘息の患者さんは、減りましたです。
かつて私が研修医のころ(約30年前)は、病棟には数人の重症の気管支喘息の患者さんが入院し、中には人工呼吸器をつけている方もいました。更に、入院はしないまでも、外来には、その異常に分厚いカルテの中身を覗くと、盆と正月を除いてほぼ毎日点滴を受けに来る方、出勤前にわざわざ点滴を受けに来るサラリーマ...

気管支喘息と咳喘息は同じですか?…

気管支喘息と咳喘息は同じですか?
答えは、NOです。
時々セキで受診される患者さんから、咳喘息と気管支喘息の違いはなんでしょうか?と質問を受けることがあります。その際は、呼気時(息を吐き出す時)に喘鳴がある方が気管支喘息ですと説明します。(咳喘息は、呼吸音は正常です)しかし、この喘鳴という医学用語がなかなか曲者で、正確に回答して頂ける患者さんは少なく、痰を出そうとする時とか...

本当にそうなんですか?…

本当にそうなんですか?当診療所は、呼吸器、アレルギーが専門ですので、必然的に初診の方の多くは呼吸器疾患です。
その中でも、慢性のセキで困っている患者様は多く、他の医療機関で咳喘息と診断された方の中でお話をよく伺うと、咳喘息ではなくただの風邪が長引いただけというケースも以外と少なくはありません。そして漠然と吸入ステロイドを使用されているのが現状です。しかし、咳喘息なら吸入ステロイドをある...

早めの受診をお願いします。…

早めの受診をお願いします。前回の投稿で、気管支喘息は、診断が難しい疾患であることを述べさせていただきました。
今日来られた患者さんは、専門医が診察すればすぐに診断することができた方でしたが、長い間診断がつかずにクリニックを転々とされてきました。その理由の一つとしては、自覚症状が乏しかったということがあげられます。このような方は、時々見られるのですが、長年の発作のために自分自身の体が慣れ...