梅屋敷さわもとクリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田2-7-17
TEL:03-6428-6658

梅屋敷さわもとクリニック

MENU

咳が長引く患者様へ

当院は予約制ではありませんが、以下の症状に該当する方は、
必ず電話で事前に予約してからご来院ください。

ご予約が必要な患者様

  1. 呼吸が苦しい方
  2. 咳のために夜間眠れない方
  3. 痰が多い方(1日の痰の量がおちょこ1杯以上の方)

なお、予約なしで来られた方は、混雑状況により後日の診察とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

×

院長ブログ

Blog

のどのイガイガ感、むずむず感、へばりつき感でお困りの方へ

のどのイガイガ感、むずむず感、へばりつき感について

咳でお困りの方で、のどのイガイガ感、むずむず感、へばりつき感を訴える方は非常に多くみられます。それも、圧倒的に女性が多いのが特徴です。私も長年呼吸器内科を専門としていますが、なぜ女性に多いかという根拠は、不明です。のどのイガイガ感、むずむず感については、アトピー咳嗽という病気が有名です。この病気は、皮膚のアトピーとは違って、気管支の太いところに炎症が起こっている病気で、抗アレルギー薬が効果があると言われています。細い気管支に炎症がお起きている咳喘息とは対照的疾患ですが、両者が合併することもあります。両者を鑑別することは非常に重要です。それは、咳喘息は放置すると約30%の確率で気管支喘息に移行すると言われているので、適切な治療が必要だからです。さて最後に、厄介な症状である喉に何かがへばりついているということを訴える方への対応です。のどに何かがへばりついていてそれを取りたくて咳をしたくなるが、咳をしてもそれが取れなくて、もどかしく思っている方のことです。喉というとどうしても耳鼻咽喉科的疾患を思い浮かべますが、耳鼻咽喉科的疾患が除外されるのであれば、私の持論からすればそのような症状を喉喘息と呼んでいます。この病態が、気管支喘息の症状の一つかどうかは、不明ですが、長年の経験からある程度のコントロールが可能と自負しています。のどのイガイガ感、むずむず感、へばりつき感のために長引く咳でお困りの方は、お早めに受診してください