梅屋敷さわもとクリニック

当院は予約制ではありませんが、長引く咳でお困りの方は、必ず電話での事前予約をお願い申し上げます。

〒144-0052 東京都大田区蒲田2-7-17
TEL:03-6428-6658

梅屋敷さわもとクリニック

MENU

院長ブログ

Blog

診断は慎重に

今日診察した患者さんは、他のクリニックで呼吸機能検査から気管支喘息の診断が下されたとのことで、セカンドオピニオンを求めて来院されました。呼吸機能検査は、検査を行う方も受ける方も大変な検査です。まず、行う方は、検査に関して熟練したものでなければ正確な結果はでません。大学病院などには専門の技師がいて、患者さんは何度も失敗を繰り返しながら行っています。要は、一度ではなかなか上手くいく検査ではないのです。しかし、開業医レベルでは、看護師が行っている施設が多いのが現状で、患者さんに大きな掛け声をかけなければならず、看護師には酷な仕事なので、当院では私が行っています。受ける立場からは、検査は努力性の吸気と呼気が必要で、一気に吸って、一気に吐く作業は、男性はともかく女性患者には不向きな検査なのです。よってこの検査だけで診断を下すのは危険です。成人発症の気管支喘息の完治は約10%なので、よけいに診断は慎重でなければいけないのです。他のクリニックでの呼吸機能検査の結果は見なければわかりませんが、当院での結果は正常でした。