梅屋敷さわもとクリニック

当院は予約制ではありませんが、長引く咳でお困りの方は、必ず電話での事前予約をお願い申し上げます。

〒144-0052 東京都大田区蒲田2-7-17
TEL:03-6428-6658

梅屋敷さわもとクリニック

MENU

院長ブログ

Blog

COPD(chronic obstructive pulmonary disease;COPD) 慢性閉塞性肺疾患とは

日本呼吸器学会のガイドラインでは、「タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入暴露することにより生ずる肺疾患であり、呼吸機能検査で気流閉塞を示す。

気流閉塞は末梢気道病変と気腫性病変が様々な割合で複合的に関与し起こる。臨床的には徐々に進行する労作時の呼吸困難や慢性の咳・痰を示すが、これらの症状が乏しいこともある」と定義されています。

診断は?
重喫煙歴を有する患者さんが、上記の症状を有して、かつ気管支拡張薬の吸入にもかかわらず、呼吸機能検査において1秒率が70%未満の場合に診断されます。1秒率とは、1秒量(努力性の呼吸をした際に1秒間に排出される呼気の量)÷努力性肺活量(最大努力で吐き出した時の肺活量)です。COPDの原因は、わが国では9割以上がタバコ煙の吸入によるものです。喫煙者のおよそ3割はCOPDになるリスクがあると考えられています。 さらに、大気汚染や職業上の粉塵も時にCOPDを引き起こすことがあります。

どんな症状があるの?
喫煙歴のある40歳以上の成人で、労作時の呼吸困難(息切れ)や慢性の咳・痰がある場合はCOPDを疑います。咳と痰は早期から、呼吸困難はある程度進行してから持続的に、あるいは反復的に生じますが、加齢によるものあるいは感冒によるものと勘違いし、病気に気が付いていない場合が多くみられます。初期は、無症状のことが多いのですが、進行すると労作時の呼吸困難を自覚するようになり、日常生活に支障が生じるようになります。さらに進行すると、呼吸不全、右心不全、体重減少などがみられるようになります。症状は、進行性で、年単位でゆっくり進行・悪化し不可逆性です。
感冒や、大気汚染、天気の変化などにより息切れの増加、咳や喀痰の増加、胸部不快感、・違和感の出現あるいは増強が見られます。このような状態をCOPDの増悪と呼びますが、病気が進行しないと、呼吸困難や咳・痰などの症状が出ないことが多く、さらに、胸部のレントゲン写真やCT撮影でも典型的な異常所見が認められないことも少なくありません。このために、早期診断がされず、適切な治療が行われずに進行してしまうことが多いのです。
一時的気管支炎として治療を受け、潜在するCOPDを見過ごされ、重症化して呼吸苦が出現してから診断に至るケースも見られ早期発見が遅れがちです。重症喫煙者の方が、感冒を契機に膿性の痰が軽々しない場合はCOPDの存在を疑うべきで、喀痰と咳嗽は、COPDによくみられる症状で、呼吸機能の低下と死亡率に関連性があるといわれています。 合併症 肺に生じた炎症が全身に及び心筋梗塞、脳卒中、がん(肺がんだけでなく他の臓器のがんも含めて)、糖尿病、高脂血症、骨粗鬆症、筋肉の委縮やうつ病などの他の病気に罹る割合が、COPDのない人と比べて統計学的に有意に高いことがわかっています。

身体所見 視診
1)るいそう
2)樽状胸郭(肺が過膨張しているため、肋骨が水平になる、ビールの樽状になる
3)呼吸補助筋(胸鎖乳突筋、斜角筋)の発達
4)口すぼめ呼吸、呼気の延長
5)チアノーゼ
6)ばち指
7)右心不全徴候(頚静脈怒張、肝腫大、下腿浮腫 聴診 深吸気時の呼吸音の減弱

治療はどうするの?
1. 非薬物療法 COPDの治療の基本は禁煙です。禁煙により、喀痰、咳嗽は改善され、呼吸器機能の低下が抑制されます。インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチンは増悪を予防します。
2. 薬物療法