梅屋敷さわもとクリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田2-7-17
TEL:03-6428-6658

梅屋敷さわもとクリニック

MENU

咳が長引く患者様へ

当院は予約制ではありませんが、以下の症状に該当する方は、
必ず電話で事前に予約してからご来院ください。

ご予約が必要な患者様

  1. 呼吸が苦しい方
  2. 咳のために夜間眠れない方
  3. 痰が多い方(1日の痰の量がおちょこ1杯以上の方)

なお、予約なしで来られた方は、混雑状況により後日の診察とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

×

院長ブログ

Blog

減りました!

気管支喘息の患者さんは、減りました。ではなくて、重症の気管支喘息の患者さんは、減りましたです。
かつて私が研修医のころ(約30年前)は、病棟には数人の重症の気管支喘息の患者さんが入院し、中には人工呼吸器をつけている方もいました。更に、入院はしないまでも、外来には、その異常に分厚いカルテの中身を覗くと、盆と正月を除いてほぼ毎日点滴を受けに来る方、出勤前にわざわざ点滴を受けに来るサラリーマンの方がいましたが、最近はめっきり少なくなりました。
その理由は、まだまだ北欧には及びませんが、吸入ステロイドが普及したからです。当初は、専門医ですらその効果を疑問視していました。たかがボンベに入ってる薬剤を吸入することで、発作を予防することができるとは夢にも思わなかったからです。
これは、日本国民特有の気質の中に、薬は口から飲むものという偏見が根付いていたのが、一つの要因だったのかもしれません。そもそも、予防する疾患という認識がなかったのです。しかし、使用してみるとその効果は絶大で、夜間救急外来受診者、入院患者、喘息死は激減しました。普及には時間がかかりましたが、専門医が結束し、ガイドラインを作成していただいたおかげで、その使用頻度は増加しました。
その代わりかどうかは定かではありませんが、慢性咳嗽の患者さんは増えた様な気がします。その中には、長年風邪として誤診されてきた、気管支喘息の患者さんも紛れ込んでいて、その方々を救い出すことが私の使命の一つと考えています。