梅屋敷診療所

当院は予約制ではございません

〒143-0015 東京都大田区大森西6-15-16
TEL:03-3761-8808

梅屋敷診療所

MENU

院長ブログ

Blog

気道過敏性とは?

冷たい空気、ラーメンの湯気、お風呂の湯気、長電話、笑った時、人混み、香水の香りで咳が出る人は、気道が過敏なのかもしれません。
気道過敏性とは、私たちの皮膚は、各々によって過敏な人とそうでない人がいるように、気道(空気の通り道)も気道過敏性がある人とない人が存在します。気道が過敏な人は、気道に炎症(赤く腫れあがること)があり、さまざまな刺激(気温差、冷気、会話などの空気の出入り、臭い)に反応し、咳が出たり、気道が狭くなって呼吸困難が起きます。気道過敏性は、生まれつきのものと、生後に獲得するものとの2種類のものがあるといわれています。
正確な診断は、大きな病院でしか行えませんが、当院では、簡易的な検査で診断が可能です。気道過敏性を示す代表的疾患は、気管支喘息、咳喘息があります。このような方の咳は、咳止めでは治りません。専門医の受診が必要です。