梅屋敷さわもとクリニック

〒144-0052 東京都大田区蒲田2-7-17
TEL:03-6428-6658

梅屋敷さわもとクリニック

MENU

咳が長引く患者様へ

当院は予約制ではありませんが、以下の症状に該当する方は、
必ず電話で事前に予約してからご来院ください。

ご予約が必要な患者様

  1. 呼吸が苦しい方
  2. 咳のために夜間眠れない方
  3. 痰が多い方(1日の痰の量がおちょこ1杯以上の方)

なお、予約なしで来られた方は、混雑状況により後日の診察とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

×

院長ブログ

Blog

モット……すればよかったのに!

前回の投稿で、気管支喘息は、診断が難しい疾患であることを述べさせていただきました。今日、来られた患者さんは、専門医が診察すればすぐに診断することができた方でしたが、長い間診断がつかずにクリニックを転々とされてきました。その理由の一つとしては、自覚(自分で感じること)症状が乏しかったということがあげられます。このような方は、時々見られるのですが、長年の発作のために自分自身の体が慣れてしまい、少しくらいの発作では症状が現れないため、受診が遅れがちになるようです。このことが診断を遅らせ、しいては慢性の喘息に移行させてしまう要因の一つとなるのです。これを回避するためには、2週間継続する咳、痰、息切れがある場合は、専門医を受診してください。